ホームエクイティローンcase1

優れたキャッシュフローを実現する

ホームエクイティローンcase1

アメリカの住宅事情

アメリカの住宅物価上昇ペースを落とした記事は、日本経済新聞(5/17)によって掲載されました。
その前年(住宅着工)と比較して半分(6.4%は、ここにあります)による縮小に関しては
率をその前年と比較される減少が2006年の中古住宅価格の登ることは、およそ3%です。

米国では、住宅価格の変更には、効率に対する大きい影響があります/国内総生産(GDP)。
最初は、家への投資による影響です。
第2が「家庭エクイティ・ローン」を使った消費による影響。

住宅ローンで獲得した不動産が家庭エクイティ・ローンで購入の後建つとき、信用フレーム
(セキュリティ・フレームで)は上がったシェアとそれを返して、量を借りることができる株式の金額だけで
増加します。
昨年の終わりのローン・バランスは、10兆円全体で本当にGDPの1%以上を増やしました。

不動産価格の上昇が止まるならば、若干の上り坂が1年につき2,800,000人の人口増加によって
少数派に保たれるとき、経済を押し下げるが、悲観論を予想する要因になります。
上りの率が適度なペースに落ちついた視点は、最も多いです。

不動産価格に影響を及ぼしている金利に関しては、日本と米国は、同じことです。
固定されたローンのアプリケーション金利が30年の間およそ6.5%まで上がって
より上がるようなとき、住宅要求を冷えさせるという可能性は現在出ます。