ホームエクイティローン二の巻

優れたキャッシュフローを実現する

ホームエクイティローン二の巻

先ほどの続きですが・・・

保安としてのこの純価格による金融がホームエクイティローンと呼ばれていたということで
多くのアメリカ人は、ここにお金を借りて、そうしました。
消費へのお金でした。さらにまた、問題である最初の数年の間アメリカの住宅ローンに金利を
コントロールするということです。
そして、金利だけを払う礼儀があります。
たとえ、家の購入資金で十分でない低所得者層から住宅ローンを借りさせるつもりであるとしても
住宅価格の上昇がそれが前提にあると思われる構造であると思います。
したがって、アメリカの住宅価格が前の通り急騰しているならば、よいですね。
しかし、住宅泡が開いていて割れるとき、負債の返済に悩む人々は家を手放しに来ざるを得ないです。
そして、住宅価格は落下を開始します。結局、誰でもそのようなトランスペアレントなトリックでの
ために家を買うことができる米国は、おかしい国です。 米国は、猫で家を買うことができますか?

小さい頃、私も親からこういう話を聞いてました。
これは、家を買ったはいいが、土地が上がるとふんで買って、結局あがらず、手放したっていう話を
聞いたことがあります。
だから、家を買う人はそういった狙いもあるんですね。
でも、買うとしたら、1軒家じゃないとダメですね!